バスケ大会

バスケットライブは投げ銭で応援できる機能もある!

バスケットライブは投げ銭で応援できる機能もある!

バスケットライブ(バスケットLIVE)はソフトバンクが提供しているスポーツ動画配信サービスです。
バスケットボールの動画配信だけでなく選手を応援する機能も用意されています。

この応援機能が投げ銭(なげせん)と呼ばれています。

パフォーマンスをする人への称賛を兼ねた少額の金銭の投げ入れを行うことで、インターネット上ではユーザーが金銭などを適用する行為やそのサービスを表す用語として「投げ銭(なげせん)」が使われています。

バスケットライブの場合、試合の映像画面の右下に「炎」マークが表示されています。
この炎マークをタップすることでチームに応援ポイントを送ることができます。





この応援ポイントですが、チームに対して送る方法と選手個人に対して送る方法があります。

炎マークの2つ左隣にマークがありますが、ここがチームのロゴマークの場合はチームに対して応援ポイントが送られます。

バスケットライブの投げ銭機能

このマークをタップして選手個人に変更することで選手個人に対して応援ポイントを送ることができます。

この応援ポイントのことをアプリ内では「ファイア」という単位で数値化されて表示されます。

この応援ポイントは無料で利用できる部分と有料で購入することができます。

無料でできる応援ポイントは1日に100ポイント(100ファイア)です。

有料での応援ポイントは、まずコインを購入します。

コインですが、120円、610円、1220円、5020円、10500円で購入できました。

バスケットライブの有料の投げ銭機能

1円=1コインとなります。

例えば、120円分のコインを購入する場合、GooglePlayから購入するようになります。
GooglePlayに登録している支払い方法で支払いとなります。

コインを購入すると、コインと応援アイテムを交換することができます。

応援アイテムを購入して、そのアイテムを送るようになります。

このように、応援アイテムを購入しようとする場合でも、スムーズにGooglePlayから支払いができるようになています。

以上のような流れで応援ポイントを送ることができるようになっています。

ただ、応援ポイントですがiPadやAndroidのタブレット端末では現時点では利用できないとのことです。

なお、画面の表示ですが、「データモード」という表示モードに切り替えることができます。

データモードではクォーターごとの得点やその試合でのFG%や3FG%(3Pシュート成功率)などのスタッツと呼ばれる数値を確認できる表示モードも用意されています。

バスケットライブのデータモード

バスケットボールライブの月額は?

バスケットボールライブですが、月々の料金は508円(税込)です。

ただ、ソフトバンクのスマートフォンを利用している場合やワイモバイルの「スマホプラン」または「データプラン」を利用している場合は月払いの料金を支払うことなく、無料でバスケットLiveを利用することができます。

ソフトバンクやワイモバイル以外のスマートフォンを利用している場合は月額462円がかかりますが、この場合はヤフープレミアム会員登録をしてバスケットライブを利用することになります。

つまり、Yahoo!プレミアム会員費を支払ってバスケットライブを視聴します。

なお、Yahooプレミアムの会員費はヤフーウォレットに登録されている支払方法での支払いとなります。

ヤフーウォレットで登録できる支払い方法は「金融機関口座」か「クレジットカード」になります。
(2020年5月17日時点での情報のため、今後変更となる可能性があります)

金融機関としては
・ジャパネット銀行
・三菱UFJ銀行
・楽天ン銀行

クレジットカードとしては
・ヤフージャパンカード
・VISA(ビザ)
・Mastercard(マスターカード)
・JCB(ジェーシービー)
・ダイナース
・American Express(アメリカンエクスプレス)





バスケットボールライブの視聴方法は?

バスケットボールライブですが、ウェブやスマートフォンアプリ(スマホアプリ)、タブレット端末で視聴することができます。

また、テレビで視聴する場合でスマートフォンやパソコン等の端末とHDMIケーブルでテレビを接続することで視聴可能です。

さらに、Fire TV Stick(ファイアテレビスティック)を利用することでもテレビ観戦が可能です。

アマゾンのファイヤースティックでのバスケットライブ視聴方法

個人的にはアマゾンのFireスティックを購入してからバスケットボールをテレビで視聴する機会が多くなりました。

スマホやタブレット端末よりも画面が大きく見やすいこと、ファイアスティックにはリモコンが付属されているのでこのリモコンで画面の操作ができるので見たい番組の選択がしやすいこともあり、バスケットボールをテレビで観戦する機会が増えました。

ちなみに、Amazon(アマゾン)のファイヤスティックを利用して「バスケットライブ」を視聴する場合の手順は以下のとおりです。

テレビのリモコンで「入力切換」を行って、ファイヤスティックが差し込まれている「HDMI」端子を選択します。

画面左上の「虫めがね」マークを選択して、検索の窓に「バスケットライブ」と入力すると画面左下に「バスケットライブ」と検索結果が表示されるので、その結果を選択します。

選択すると画面が切り替わってテレビの画面上に「バスケットLIVE」が表示されるので、そのアイコンを選択することでバスケットLIVEを視聴することができます。

ちなみに、2020年5月にヤフープレミアムの申込をした場合、2020年10月末までは無料でヤフープレミアムを利用できました。
(登録月を含む6か月分が無料期間でした)

また、無料期間終了後は毎月自動で月額料金が発生するとの注意書きもありました。

ヤフープレミアムの申込を完了したら、実際にテレビで視聴します。

テレビでファイヤスティックの画面を表示して、バスケットライブを視聴すると「この動画はYahoo!プレミアム会員の方のみ視聴できます」と表示されるので「ログイン画面へ」を選択します。

「スマホで簡単ログイン」と「デジタルコードを利用」ボタンが表示されます。

スマホで簡単ログインを選択すると、テレビ画面上にQRコードが表示されるので、そのQRコードをスマホで読み込むまたは、URLも表示されているので、そのURLをパソコンで入力することでも対応可能です。

QRコードを読み込むとヤフーのログイン画面が表示されるのでヤフーIDとPWでログインします。

ログインすると、テレビ画面に表示されている確認コードの入力を求められるので、その確認コードを入力します。
画面上のハイフンの入力は不要でした。

確認画面が表示されるので「同意してはじめる」ボタンを押すと登録が完了です。自動的にテレビ画面も登録したことを認識するので決定ボタンを押してから動画の視聴ができます。

デジタルコードを利用するを選択すると「デジタルコードを入力してください」とテレビに表示されるので入力します。

ただ、デジタルコードがどこに記載されているのかが分からなかったため、スマホで対応しました。

バスケットライブで視聴できる内容は?

バスケットライブで放送される試合ですが、日本代表戦やBリーグ、Wリーグ、U15ジュニアバスケット、全国ミニバスケットボール大会、天皇杯・皇后杯、ウインターカップ、インカレバスケ、アーリーカップなどのバスケットボールの試合や大会が観戦できます。

さらに、実際の試合のライブ配信だけでなく見逃し配信(見逃し動画)、試合のハイライトや選手のプレー集やインタービューなども用意されています。

2020年5月時点では無料で動画が配信されているため、ヤフージャパンプレミアムに加入しなくても一部の動画は視聴可能です。

ばすけっとらいぶは無料で視聴できる?お試し期間は?

ヤフープレミアですが、ヤフーIDによっては無料で期間限定でのお試し期間がある場合があります。

自分自身のIDですが、6ヵ月の無料お試し期間がありました。6か月の無料期間と考えるとかなりお得な感じはします。せっかくだから試してみようと思ってしまいます。

カレンダーアプリに無料期間が終了する月を忘れないようにリマインドができるように登録しておくのが良いかと思います。6か月も先だと忘れてしまうため。

このため、ヤフープレミアを無料で試せるのであれば、その期間はバスケットLiveも無料で視聴できる期間となります。

そのため、ヤフーIDでログインしてみて対象となっているかを確認してみてください。





バスケットライブの解約方法は?

バスケットライブを解約(退会)する場合ですが、ヤフープレミアム会員をやめる(登録を解除する)作業が必要です。

1.ヤフープレミアムを利用しているIDでヤフージャパンにログインします。

2.ログイン後にヤフーウォレットの「継続中サービスの確認・停止」を表示します。

3.画面に「Yahoo!プレミアム会員費」欄の「停止する」を押します。

4.会員情報画面が表示されるので「登録解除へ進む」ボタンを押します。

5.ご利用中の特典画面が表示されるので、ページ下部の「登録解除を続ける」ボタンを押します。

6.登録解除の確認画面が表示されるので画面下部にある「登録解除する」ボタンを押します。

このような手順でヤフープレミアムを退会することで、バスケットライブも解除となります。

最後に

バスケットライブでは、日本代表の試合も含めて様々なバスケットボールの試合を観戦できます。

また、チームや選手を応援するための投げ銭のような機能も利用できるようになっているので、お気に入りのチームや選手を応援するためのひとつの方法として「ファイヤ」という機能を利用してみてください。

さらに、アマゾンのファイアースティックなどの機器を利用することでテレビでもバスケットボール観戦ができるようになるので、ファイヤースティックの利用も検討してみてください。

→ 千葉ジェッツ(Bリーグ)の試合を視聴できる動画配信サービスは?料金とテレビ視聴する方法を紹介!
→ 「Putmenu(プットメニュー)」で飲食ブースの行列知らず!座席で注文・通知・受け取りでストレスフリー
→ 「Unlim(アンリム)」で千葉ジェッツふなばしにスポーツギフティング(寄付)が可能!利用方法を解説!
→ Bリーグの2021シーズは2地区制で実施!地区ごとのチーム分けはどうなるか?
→ デカトロン(Decathlon)のバスケットボール(5号球)が740円!自社開発だから安い!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でバスケおうえ~ん!をフォローしよう!

関連記事

  1. 関東高校バスケットボール選手権大会(2020年)千葉県予選及び地…
  2. 千葉県市川市の無料で利用できるバスケットコートなら塩浜第二公園 千葉県市川市の無料で利用できるバスケットコートなら塩浜第二公園
  3. ミニバスケットボール(ミニバス)のルールを調べて分かった6つのポイント ミニバスケットボール(ミニバス)のルールを調べて分かった6つのポ…
  4. 千葉県市川市のバスケットコートなら国府台市民体育館!個人開放日で割安で利用可能! 千葉県市川市のバスケットコートなら国府台市民体育館!個人開放日で…
  5. フットブレインでJリーグのコロナ対策について岩田健太郎先生が解説!Bリーグの試合観戦時のルールも調べてみた フットブレインでJリーグのコロナ対策について岩田健太郎先生が解説…
  6. 3人制バスケットボール(3x3)プロリーグ大会が2020年10月11日から開催決定 3人制バスケットボール(3×3)プロリーグ大会が202…
  7. ウインターカップ2020の千葉県予選第2次ラウンドの組み合わせが決定!結果速報はCBAのツイッターで ウインターカップ2020の千葉県予選第2次ラウンドの組み合わせが…
  8. JBAが実施するフリースロー大会の参加方法はSNSでハッシュタグをつけての投稿! JBAが実施するフリースロー大会の参加方法はSNSでハッシュタグ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
PAGE TOP