千葉ジェッツ

「Unlim(アンリム)」のスポーツギフティングサービスとは?千葉ジェッツにも寄付ができる!?

スポーツギフティングサービスという言葉が気になったので調べてみました。千葉ジェッツも利用するとの発表があったこと、個人が好きなスポーツチーム(スポーツクラブ)やアスリート個人に寄付をできるサービスという新しいジャンルのサービスだということが分かり、もう少し詳細を調べてみたので、その内容をまとめています。

Unlim(アンリム)は2020年2月19日からスタート

Unlim(アンリム)は直接アスリートに寄付を届けることができるサービスです。(Unlimの公式サイト

寄付といっても直接お金を送るということではなく「応援ポイント」を贈るような仕組みになっています。

この仕組みを利用することでファンはスポーツ選手やアスリートを応援する・観戦するだけではない新しい応援の形を得ることができ選手やアスリート、さらにチームやスポーツ振興団体は活動のための資金を得ることができます。

このスポーツギフティングサービス「Unlim」を運営するのが株式会社ミクシィと一般財団法人アスリートフラッグ財団です。

株式会社ミクシィはSNSのmixiを運営する会社でモンスターストライクなどのスマートフォンのゲームアプリなども開発しており、千葉ジェッツとも提携しています。

一般財団法人アスリートフラッグ財団は「アスリートとスポーツ団体の活動の支援を目的」として設立された財団です。

一般財団法人アスリートフラッグ財団のサイトのリンクです。

また、株式会社ミクシィのニュースリリースを確認すると以下のとおりの方々が役員でした。

朝日健太郎さん(参議院議員、日本バレーボール協会理事)
遠藤利明さん(東京オリンピック・パラリンピック競技大会 組織委員会 会長代行)
岡崎朋美さん(冬季長野オリンピック銅メダリスト)
奥田匡彦さん(株式会社ミクシィ 取締役)
境田正樹さん(弁護士、東京大学理事、東北大客員教授、Bリーグ理事)
島田慎二さん(株式会社千葉ジェッツふなばし 代表取締役会長)
為末大さん (株式会社Deportare Partners 代表取締役)
並木裕太さん(株式会社フィールドマネージメント 代表取締役、Jリーグ理事)
水戸重之さん(弁護士、TMI総合法律事務所パートナー)

引用元:アスリート・チームへの新しい応援のカタチ スポーツギフティングサービス「Unlim」を2月19日(水)よりサービス開始 (株式会社ミクシィの2020年2月5日のニュースリリース)

スポーツギフティングサービスUnlim(アンリム)の仕組みは

ファンの方々は、「umlim(アンリム)」を通じてアスリートフラッグ財団に寄付をします。

寄付をすることでファンに「応援ポイント」が付与されるようです。

ファンはこの応援ポイントを選手や応援するチームに贈ります。

選手やチームはファンの方から贈られた応援ポイントを元にして、アスリートフラッグ財団から支援金が支払われます。
なお、ファンが寄付した金額の67%から83%が選手やチームに支払われるとのことです。(以下の画像は株式会社ミクシィの2020年2月5日のニュースリリースから引用しています)

スポーツギフティングサービスのumlimの仕組み

これ以外にも、協業先メディアというものがあり、そのメディアを通じて寄付がされた場合に協業先メディアにも寄付金の一部が支払われるようです。

寄付金の67%から83%が支払われるそうですが、これだけ高い分配率が実現できるのは、サイン入りグッズなどの返礼品を送らないためだそうです。

返礼品などを送ることで発生する間接コストを削減して、分配率を高めているとのことです。

なお、ここら辺の詳細は株式会社ミクシィの社長である木村弘毅社長のnoteに記載がされています。

引用元:「スパープレイこそが最高の返礼品

→2020年2月15日に追記、千葉ジェッツの島田会長もnoteに「なぜ、島田慎二は一般財団法人アスリートフラッグ財団理事に就任し、ギフティング事業に携わるのか?」という記事で「Unlim(アンリム)」について記載しています。この記事の中に「直接的寄付だけでなく、選手やチームに関する記事など情報のシェアもアスリートの支援になる」と記載されていました。このような想いから記事をシェアすることもUnlimのサービスの肝になっているのだと思います。

Unlim(アンリム)への登録予定アスリート・チーム

2020年2月5日にサービスの発表がありましたが、株式会社ミクシィのニュースリリースページで記載されていた選手やチームを記載しています。
なお、2020年2月5日時点での情報のため、今後、変更があるかと思います。

【アスリート】

・太田宏介(おおたこうすけ)選手 (Jリーグ・名古屋グランパス) @kosuke444
・西藤俊哉(さいとうとしや)選手 (フェンシングフルーレ) @fencing_saito
・髙梨沙羅(たかなしさら)選手 (女子スキージャンプ)
・寺地拳四朗(てらじけんしろう)選手 (プロボクサー) @KenshiroooooKen
・中村未優(なかむらみゆう)選手 (女子レスリング)
・畠山健介(はたけやまけんすけ)選手 (MLR・ニューイングランド・フリージャックス) @Hatake_03
・星翔太(ほししょうた)選手 (Fリーグ・名古屋オーシャンズ) @shota_hoshi
・堀米雄斗(ほりごめゆうと)選手 (スケートボード選手) @yutohorigome
・三宅諒(みやけりょう)選手 (フェンシングフルーレ) @miyake_fencing
・森重真人(もりしげまさと)選手 (Jリーグ・FC東京) @morigekun3

【チーム】

・FC東京 (Jリーグ) @fctokyoofficial
・千葉ジェッツふなばし (Bリーグ) @CHIBAJETS
・栃木ゴールデンブレーブス (プロ野球独立リーグ) @tochigi_gb
・ひがし北海道クレインズ (アジアリーグアイスホッケー) @Cranes1949
・ヒト・コミュニケーションズ サンウルブズ(スーパーラグビー) @sunwolves

FC東京はチームとして登録されていますし、チームのメンバーでもある森重真人選手も登録されています。
このようにチームとして登録しながらも、選手個人としても登録ができるようです。なお、選手やチームでTwitter(ツイッター)のアカウントを持っている方・チームについてはアカウントを記載しています。

最後に

スマートフォン(スマホ)のアプリがリリースされたら操作方法などを確認して追記していきたいと思います。

ファンとしては選手個人を応援しつつ、さらにチームも応援することができるようになっています。

応援するだけではなく、新しいカタチでの応援の仕方が増えるのはファンにとっては楽しみが増えることに繋がるのでサービルが開始されるのを待ちたいと思います。

 

→ FOOT×BRAIN(フットブレイン)で千葉ジェッツ島田会長が語った千葉ジェッの哲学とは?
→ 「Putmenu(プットメニュー)」で飲食ブースの行列知らず!座席で注文・通知・受け取りでストレスフリー

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でバスケおうえ~ん!をフォローしよう!

関連記事

  1. FOOT×BRAIN(フットブレイン)で千葉ジェッツ島田会長が語った千葉ジェッの哲学とは? FOOT×BRAIN(フットブレイン)で千葉ジェッツ島田会長が語…
  2. 千葉ジェッツの2019年から2020年シーズンのホームゲームにお…
  3. 千葉ジェッツふなばしの夢の新アリーナ構想と建設地はどこか? 千葉ジェッツふなばしの夢の新アリーナ構想と建設地はどこか?
  4. Bリーグ(バスケ)のスポーツくじが2020年中に導入されるかも!? Bリーグ(バスケ)のスポーツくじが2020年中に導入されるかも!…
  5. Bリーグの新型コロナウィルス対策と各チームの対応状況とチケットの返金手続きについて Bリーグの新型コロナウィルス対策と各チームの対応状況とチケットの…
  6. 千葉ポートアリーナへのアクセス方法を3つの最寄り駅から解説!
  7. 「Putmenu(プットメニュー)」で飲食ブースの行列知らず!座席で注文・通知・受け取りでストレスフリー 「Putmenu(プットメニュー)」で飲食ブースの行列知らず!座…
  8. 富樫勇樹(とがしゆうき)選手はBリーガー初の1億円プレイヤー!2回のアメリカチャレンジを経てオリンピック出場へ 富樫勇樹(とがしゆうき)選手はBリーガー初の1億円プレイヤー!2…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
PAGE TOP